おすすめ通信制大学

東京通信大学の特徴、学費を解説!

*コロナ禍でスクーリングなしで卒業できる通信制大学が増えました。更新していますが最新情報は大学の資料をご確認くださいませ。

東京通信大学は、2018年に誕生した新しい大学です。

インターネット完結型の授業形式が特徴で、通学は一切不要。自宅にいながら大学を卒業できます。1回の授業は約15分。キマ時間を有効活用しながら学習を進めることが可能です。

満足まあ満足普通不満
入試方法レポート科目試験スクーリング学生交流
書類・課題作文ネットネットネットあり
編入制度学習サポート就職サポート卒業研究学習継続率※
ありありあり選択 89.4%
入試方法書類・課題作文
レポートネット
科目試験ネット
スクーリングネット
学生交流あり
編入制度あり
学習サポートあり
就職サポートあり
学業研究選択
学習継続率※89.4%

※参考元:データで見る東京通信大学

⇒東京通信大学に資料請求する

東京通信大学はこんな方におすすめ

  • スクーリングなしで卒業したい方
  • 仕事や家事育児で時間がない方
  • いつでもどこでも勉強したい方
  • 安い学費で学びたい方
  • オンラインで全学習を完結させたい方

東京通信大学のおすすめポイント

スクーリングなしで卒業できる

東京通信大学は、授業にオンラインで参加することができます。

学校に行って授業を受けるスクーリング無しで卒業が可能です。

スクーリングに出向くための交通費、日程の調整が不要なので社会人でも学びやすい大学です。

※取りたい資格によってはスクーリングが必要な場合もあります。

1動画は約15分間、スキマ時間で学習が進む

ソフトバンク

東京通信大学の大きな特徴は、1動画が約15分以内(※授業によって異なる)に完結することです。

1コマは4動画(15分×4)と小テストで構成されており、コマの授業+単位認定試験で単位が取れる仕組みになっています。

通常、大学の授業は90分。忙しい中90分の時間を捻出するのはなかなか難しいものです。その点1回が15分なら、通勤時間や家事の合間、仕事の昼休みにでも少しずつ学習を進めることができますね。

授業、サポート、単位認定試験がオンラインで完結

PC スマホ タブレット

東京通信大学では、講義はもちろん、単位認定試験までオンラインで完結します。

スマホ・パソコン・タブレットのマルチデバイスに対応しているから、どこからでも学習ができます。

授業中のディスカッションや教員への質問もスマホにて可能。疑問点をすぐに解決できるシステムが魅力的です。

※一部の講義や試験はPCを使うよう指定されることもあります。

授業も単位認定試験も24時間対応

SNS オフ会

指定期間内なら、授業も単位認定試験も24時間参加できます。

大学の授業に合わせて仕事のスケジュールを調整する必要はありません。

仕事が終わった深夜に、家族が起きだす前の早朝に、あなたの都合にあう時をいつでも学習時間に充てることができます。

学費が安い

サイバー大学 就職 ソフトバンク

東京通信大学は、オンライン完結型の通信制大学の中でも学費が安いのが特徴です。

基本的に通信大学は費用が安いものですが、それでも4年間の学費を総合するとそれなりの額になります。

「スクーリングあり」の通信制大学だと卒業までに200万円を超えるところもあります。また、オンライン完結型の通信制大学でも100万以上円かかる場合もあります。

一方、東京通信大学人間福祉学科の学費は4年間で83万4000円。

学費予算100万未満で、大卒が目指せる点は大きなメリットです。

【Microsoft Officeが無料で使える】

東京通信大学の学習費用を安くするユニークな取り組みに、Microsoft Officeの無償提供があります。

Microsoft Officeは多くの会社で使われている社会人の必須ツールとなりつつあります。しかし、個人でMicrosoft Officeのソフトを利用しようとすると、数万円単位の費用が必要です。

在学中にMicrosoft Officeが無料で使えることは、学費を節約する助けになるでしょう。

インターンシップも可能

サイバー大学 就職 ソフトバンク
学習過程がオンラインで完結する東京通信大学ですが、「インターンシップA」「インターンシップB」を受講することで、職業体験ができます。

学生同士のコミュニケーションはSNSで

サイバー大学 就職 ソフトバンク

東京通信大学には、学生同士がコミュニケーションできる学内SNSツールが用意されています。

SNSでは情報共有の他、雑談なども楽しめます。

編入生なら最短2年で卒業可能な場合も

サイバー大学 就職 ソフトバンク
東京通信大学では、編入生を受け入れています。編入生とは、他の大学や専門学校で取得した単位を認定する制度です。下記に該当する編入生は、最短2年で卒業が可能です。

  • 大学、専門職大学、短期大学、高等専門学校、専修学校等を卒業した人
  • 大学に2年以上在学し(休学期間を除く)、62単位以上を修得した人

引用元:東京通信大学

東京通信大学の残念なポイント

交流重視の人には寂しい一面も

東京通信大学は、オンラインで授業や単位認定試験を完結させることができるのが特徴です。

一方で教授とも学生仲間とも一切合わずに学生生活が進んでいくため、時に孤独になることもありあそうです。

もちろん学習面のサポートや学内SNSなど、オンラインでつながる仕組みは用意されていますが、自分から積極的に動いていかないと人と繋がれない可能性はあります。

オンラインは便利だけど時には人と関わりたいと感じている人は、スクーリングや実習が必要なコースを検討してみてはどうでしょうか。

卒業率が非公開

東京通信大学は、卒業率を公開していません。

代わりに「学習継続率」(89.4%)という指標を公開していますが、卒業率との関連がイマイチわからないです。

参考元:データで見る東京通信大学(閲覧にはログインが必要です)

学部数は少なめ

東京通信大学に用意されているのは、人間福祉学部と情報マネジメント学部の2つです。

その中でもコースがいくつかに分かれていますが、教員免許が取れるコースはありません。

⇒東京通信大学に資料請求する

目指せる資格

情報マネジメント学部 IT・情報システムコース

  • IPA情報処理技術者試験(ITパスポート、データベーススペシャリストなど)

情報マネジメント学部 マネジメントコース

  • 中小企業診断士
  • IPA情報処理技術者試験
  • 日商簿記検定
  • 日商電子会計実務検定
  • FASS検定

情報マネジメント学部 データサイエンス・社会調査士コース

  • 社会調査士
  • IPA情報技術者試験
  • 日本統計学会 統計検定
  • 日本ディープランニング協会 G検定
  • LPI-Japan OSS-DB技術者認定
  • Paython3 エンジニア認定

人間福祉学部 総合人間コース

  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 家庭相談員任用資格
  • 福祉住宅環境コーディネーター
  • フードコーディネーター
  • 心理学検定

人間福祉学部 社会福祉コース

  • 社会福祉士(国家試験受験資格)
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 家庭相談員任用資格
  • 児童福祉司任用資格(卒業後の実務経験が必要)
  • 児童厚生員任用資格
  • 児童自立支援専門員任用資格(卒業後の実務経験が必要
  • サルコペニア・フレイル指導士

人間福祉学部 精神保健福祉コース

  • 精神保健福祉士(国家試験受験資格)
  • 社会福祉主事任用資格

学費

人間福祉学部(4年間)の場合

入学金:30,000円
授業料:1・2年次 220,000円
3・4年次 120,000円
学籍管理料:124,000円

合計:834,000円

情報マネジメント学部(4年間)の場合

入学金:30,000円
授業料:1・2年次 380,000円
3・4年次 180,000円
学籍管理料:180,000円

合計:124,000円

⇒東京通信大学に資料請求する